上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12.30 年末ですね♪
こんにちわ、獣医の巽です
2012年ももう終わりですね年末年始は動物病院も休診されてるところが多く、大阪で年中無休で診察を行なっていると大阪市内だけで市外からも急患の方など重症の患者さんが増えます去年は寝れない日がありましたがありましたが今年はどうでしょう
いちお宣伝として、診察時間はいつもと同じで10:00~13:00と17:00~20:00ですが、お昼も事故など急患の対応はしておりますのでお問い合わせ下さい

で、こんな前振りからは全然関係無く、今回は前回お伝えした小鳥の骨折の症例を報告しましょうか
最近はインコなど小さな鳥を飼われてる方も多くなり、その分病気も色々診るようになりました
そんな中増えてきてるのは骨折です遊んでる時に踏んでしまう、跳びまわっての事故などなど。。
やはり後足の骨折が多いですねインコの足は犬や猫に比べて大変細く、つかみ過ぎるだけでも折れてしまいますなので慎重に、かつ麻酔のリスクも高いので素早く的確に手術をしていきます
もちろん、固定でいけるコの方が多いですが大きくずれてしまってたり、皮膚を突き破ってしまっている場合は手術で元通りに治していきます息が止まりますよつまよう枝くらいの骨ですからね
ただその分治った時の喜びはヤバイです完全にドヤ顔です

骨折はもし手術になるのなら早いに越した事はないので疑いがあればすぐに病院までお願いします
flow
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。