こんにちわ♪いつものタツミです

しばらく更新が遅れてしまいました
フィラリアシーズンから少しばかり体調を崩してしまいまいた昔は疲れ知らずだったのでなんだか体の老化を感じますね。。
スタッフみんなの協力もあり、7月末にお休みをいただき徳島県へ行ってきました
海もあるしホテルは少し山間なので涼しいし体もリフレッシュ久しぶりにカマキリ捕まえてしまいました

ん、今回どうでもいい話になりそうなのでここらで方向転換を

実は、このブログのタイトルにもなっているオカメインコのオカピーが亡くなってしまいました。。
ずっと肝臓が悪く血液検査でも肝臓の数値が測りきれないくらいまで上昇していたのです内服や点滴で何度か元気になっていましたが、最後は少しずつ痩せて亡くなりました
インコの肝臓病は結構多く、血液検査で診断は可能です
元々迷い鳥だったオカピーが7~8年前にボクの家に飛んできてからずっと動物病院の看板鳥として思った以上に皆様に人気だったので、多くの方にかわいがっていただきありがとうございました

獣医師や動物病院によって考え方はいろいろですが、動物の最後は痛みや苦しみがなければ延命治療は個人的にはあまり好きではなく、言い方が悪いかもしれませんが『ある日ポックリ亡くなる』のが理想的だとボクは思いますオカピーはまさに亡くなる前日までゴハンを食べて元気まではいきませんがしっかりと鳴いてくれてたので飼い主としてはうれしい限りです

しんみりな内容になってしまいましたがペットロスにならないようにしっかりとお話しをするのも動物病院の役目です治療には信頼関係が大事ですそのためにはしっかりとお話しをすることも大事です
なんでも聞いて下さいまし

それと補足ですが、9月から獣医師が1人増えて5人体制となりますイケメンなのでお楽しみに
そして、後々ボク(タツミです)は手術とスタッフの指導・教育のため指名制は午前の診察のみとなりますが、スタッフ全員、特に獣医師が皆様に満足いただける診断治療を行えるようがんばります
先端治療や難易度の高い手術にも今まで以上に積極的に取り組んでいきますのでなんでもご相談下さい

ではでは今日は台風ど真ん中ですが、まだまだ暑い夏、飼い主さんも動物たちもクーラーに頼りすぎずひんやりマットで乗り切りましょう
ボクはクーラーが。。。
スポンサーサイト