上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちわ
ハッピーハロウィンも何もせず静かにすごしたタツミです

またまたしばらく更新せず間があいてしまいました

今回は久しぶりに病気についてですが、その前にチラリと宣伝で
今年も当院にテレビ取材に来ていただき今月か来月に8chのニュース番組のワンダーに少しだけですが出演しますのでよろしければ見てやって下さい
エキゾチックアニマルについてです

久しぶりなので迷います犬や猫の気管支鏡検査で診断がつける事が出来た咳の子にしようかと思いましたが、過去に一度書いた事がありましたので、今回は肛門や陰部、尾が埋まりこんでお尻が変形してしまったうさぎを最近手術しましたのでそちらにしましょう

うさぎは骨がもろく骨折をしやすい動物です
手足は当院では手術が一般的ですが、背骨が折れてしまうと下半身が麻痺するためお尻をいつもこすりながら歩いてしまいます
背骨が折れてしまうと犬の椎間板ヘルニアでも有名ですが下半身が麻痺してしまいます
この子は過去に骨折をし、ずっと麻痺をしていたようなので肛門周りが皮膚に陥没し便で覆われてしまうので肛門や陰部、尾が見えなくなっていました(文章では分かりにくいですがクレーターのようになった皮膚の中に全て埋まりこんでいたため外見からはどうしようと悩んでしまうほどでした)

麻酔をかけてまずはキレイに洗浄すると肛門は赤く腫れ上がっていました
んー、どうしよう
一瞬悩みますが、美容整形のような手術ですね
皮膚を不要な部分を切り取り形を作っていく
単純な処置にはなりますが難しいですね

それでも、安心して下さい はいてま、、じゃなくてキレイになりました

3日後の検診時も経過は良好そうでしたので一安心

犬(特にダックス)のヘルニアもそうですが、脊髄疾患を患うと管理が大変になります
介護補助が必要になりますのでしっかりとケアしてあげて下さい

次回は昨日手術をしたチンチラの腸重積による脱腸の子にしましょうか
500gほどの小さな動物の腸を切ってつないではかなり精神力を使いましたが元気そうなので経過をみて次回予定です

それでは皆さまも風邪引かないように気を付けて下さい
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。