上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。看護師の荻原です

春らしくなって、外に出て風に当たるのが心地よくなってきましたね

ご無沙汰しておりますが、今日は長い間温めていた記事を書こうと思います(笑)



おかぴーのお友達、とりでくんを紹介します
とりでa


・・・・・んっ!??

・・・とりでくんが生えてる??
ちっちゃずぎる羽だけど・・・(笑)

そして、なんでそんなに緊張の面持ちなのかしら?(笑)



と、思ったら、、、
とりでb

  ・・・。


とりでc


・・・あっっ!!

とりでd


おかぴーサンじゃないですか


とりでくんが、この病院に来た当初は犬猿の仲だった二人。(笑)

初めて見る鳥に興味深々で、おかぴーを獲物として見つめていたとりでくん


いまではこんなに仲良しです
カオは緊張気味ですけどね
とりでとおかぴー 001

とりでに関する患者さんとのやり取りで「えっ!??とりで??とりでくん??」という返答をいただくことが多々ありました。
やっぱり、あまり聞き慣れない名前ですよね。
中には「頭のてっぺんが飛び出ているからとびでくんなんですか?」とのご返答をいただくこともありました。
ここで、説明しておきますと・・・
とりでくんは、供血犬としてこの病院にやってきたんですが、もう来る前から名前は決まっていたんです。
輸血されるコにとって、とりでの血が希望になりますように。ご家族やそのコの中で希望の存在としていられますように。
っていう意味が込められています。
スタッフ全員からも、そして患者様からも愛されているとりでは本当に幸せものです

少々、やんちゃなトコロはありますが・・・




これからも、ふたりをよろしくお願いします
とりでe



中央動物医療センターHP


こちらブログランキングに参加しています







スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。