上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、最近ちょっとブログさぼってました。。。
なんでかって言うと、何もありませんたださぼってました
今月は時期的に診察自体は少ないのですが手術がたくさんです
満を持してのタイミングなので最近でかなりの重症だった猫ちゃんの脊椎骨折、脱臼による後肢麻痺を書こうかと準備したんですが、順調だがもう少し経過みたい時期なので今回はフェレットに多い病気の副腎疾患をいっちゃいます

そもそも副腎って何?って感じですよね一言で言うと副腎はホルモンを分泌する臓器なのです♪犬の場合は副腎皮質機能亢進症(クッシング病)が多く、ホルモン過剰により色々な症状を惹き起こします
フェレットではその副腎自体が腫瘍になる事が犬よりも圧倒的に多く同様にホルモン過剰により症状が出るわけですが、何と言っても違いはフェレットの場合性ホルモンが放出されるのがほとんどで症状は犬の場合と全てではないですが異なります
症状は陰部が腫れたり脱毛したりかゆみがひどいとか色々ありますよ

治療は注射やない服もありますがそれでは完治しないので状態が良ければ外科手術が第一選択になります

今回よくある症状の脱毛はあまりなかったんですが陰部がだいぶ大きくなっていたフェレットの女の子が来院されました血液検査では異常なくエストラジオール(女性ホルモン)も異常はなかったんですがレントゲン検査で左の副腎の腫大を認めたため外科的に切除しました
病理検査の結果は副腎皮質腺腫
悪性ではなかったので予後はかなり良好です

思い当たる症状ございましたらいつでも相談下さいだぜぇー
すぐ対応可能です、ワイルドだろーー

調子のってみました
tyura.jpg
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。