上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちわ、だいぶ暖かくなってきましたね
春はフィラリアシーズンで病院も忙しく僕たちも今まで以上にパワフルに動かねば。。って時期ですが、花粉が。。。
診察でも元々声が通りにくいのですが、この時期は完全に鼻声で皆様にはすみませんの一言です
昔から診させていただいてる方には、『先生また花粉がきましたね』と笑っていただけるので、是非笑ってやって下さい

あ、そんな事はどうでもいいですね
今回は前にブログしたカエルをいこうかなと
興味ない方が多いかもしれませんが、カエルは中々かわいいのデス!
動くものに反応して食べる姿は野性的でたまりません

今日はカエルのヒフ病の子が来られたのでその事を書こうかなと思いますが、犬猫に比べまだまだ獣医学が遅れてる部分であるエキゾチックアニマルの診察は独学の部分も多く、読まれた方がこうなんじゃないのって意見ありましたら是非コメントをお待ちしております

今回診た子は、お腹が腫れてきたとの事でしたエコー検査で腹水を確認、注射器で抜いてみるとバイキンがたくさんいましたヒフも赤みが出ておりレッドレッグと言われるような状態でした
治療は、抗生剤使用です
カエルは腹部に吸収出来る部分があるので最初は薬浴を行いましたが腹部の反応が悪いため内服に切り替え、最初は亡くなるか少しこわい状態でしたがみるみる良くなりました

単純にはみえますが、エキゾチックアニマルの治療も特異的ではありますがワンちゃん達とは大きくは変わりません
この前は三重県からウサギの肘関節の脱臼と子宮蓄膿症の手術で来ていただいた方もいらっしゃり遠くからわざわざ来ていただいて感謝ですねこれからもエキゾチックアニマルを極めていきたいと思います

今月は土日が特にバタバタしておりますが平日は土日よりは早くお呼び出来るとは思いますので是非平日も可能であればご利用下さい
次回は健康診断にCT検査を行ったところ、無症状なのに脾臓腫瘍と膀胱腫瘍が見つかった犬のご紹介をさせていただこうかなやっぱり人と同じで長生きには早期発見・早期治療がベストですね
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。