上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちわ、またまたいつものタツミです
ここ最近で一気に寒くなってきましたね
温度変化は動物達にとっては体調を崩しやすい原因にもなります
今月は温度変化からかなといった体調不良の子をよく見かけます特に変温動物のトカゲたカメさんなどは注意です
ボクも年中お腹が弱いのですが、最近は特にぎゅるぎゅる言ってます

今回はミニブタの去勢手術やフェレットのリンパ腫を考えてたのですが、意外と発見が遅れやすく重症になりやすい犬の会陰ヘルニアについて

会陰ヘルニアとはオシリの周囲の筋肉が弱くなり腸を支えきれずに隙間から腸がでてしまう病気です(すごくざっくりとした説明ではありますが。。)
男性ホルモンに関する事が多いため去勢手術をしていないわんちゃんが圧倒的に多いです

基本的には手術しか治療法はありません予防も去勢手術が一般的です
色々な手術法がありますが、再発しやすい手術でもありますのでボクもストレスのかかる手術の一つですね
簡易的なシリコン製のキットもあるのですが、感染を起こしやすいようでボクは使用した事がありません

ボクも簡単な方法に行きたくもなるのですが、いつもわんちゃんは20才を目標にしてるのでがんばらなきゃ

当院でも色々な手術法を行ってきましたが、今は再発しにくいナイロンメッシュと言う少しお高いネットのようなものでキレイに治して今後の予防をしております

ボク自身はお腹がゆるい方ですが、たまーに便秘気味になるとかなり苦しみます会陰ヘルニアの子は便が出にくくなるのでこれからも最善策を常に考えてあげなきゃですね

んー、ざっくりしてますがインフォームドコンセントの時はもう少しお話しもしてますので

ではでは飼い主の皆様(ボクもですが)、早期発見は早期発見は早期治療につながります毎日観察してあげましょう


つたないブログですが、これ載せてなど希望があればコメントプリーズです
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。